作品展など

作品展・刊行物・その他の活動のお知らせ

池田陽子遺作展「魅せられて」人形浄瑠璃文楽

場所 ポートレートギャラリー
住所 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-12日本写真会館5F
URL https://www.sha-bunkyo.or.jp
開催日 2021年7月1日(木)~2021年7月7日(水)
時間 平日:午前10時~午後6時(最終日は午後3時終了)
土・日・祝日:午前11時~午後6時
会期中無休
入場料 入場無料
TEL 03-3351-3002
内容紹介

昨年8月にご逝去された東京工芸大学名誉教授 池田陽子先生の遺作展です。

45年にわたる写真教育と人形浄瑠璃文楽を撮り続けた池田先生の偉業を讃え、一周忌を迎える今夏に開催する運びとなりました。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

渡辺一城写真展 「Buena Vista」

場所 JCII クラブ25
住所 〒102-0082東京都千代田区一番町25番地JCII一番町ビル(地下1階)
URL https://www.jcii-cameramuseum.jp/club25/2021/04/13/29248/
開催日 6月1日(火) ~6日(日)
時間 10:00~18:00
入場料 無料
TEL (03)3261-0300
内容紹介

2年程前、スペインのサラマンカ郊外の高速道路を車で走っていた時に、「Buenavista」の看板が目に入ってきた。反射的に高速を降りて車を走らせて行くと、ペンキで塗ったカラフルな家が並び、その先には非常にシンプルな「良い眺め」が広がっていた。車を走らせては降り、そこで何枚もシャッターを切った。「ここがあの映画の『ブエナビスタ』の舞台なのか」と思ったりもしたが、実は「Buena Vista」は世界各地にある地名だということが後から分かった。意味を調べてみると、Buenaは「良い」、Vistaは「眺め」「視界」といった視覚的な意味の他に、(過去への)回想、(未来への)展望のように、何か目掛けて直線的に向かうようなイメージを持つ言語であることが分かった。

それは何処か自分の写真とリンクした。

 

同じく2年程前から、大学の恩師である内藤明先生と車に乗って写真を撮りに行くようになった。行き先は東京から片道2時間程の関東近郊に行くことが多い。車内にはいつも先生のお気に入りのジャズが流れている。居心地の良い空間で先生と話をしていると、あっという間に現地に着く。「1時間後にここに集合で。」これが現地での先生との決まり文句である。様々な箇所を車で周り、日が暮れるまで「Buena Vista」を探し求めている。

 

先生と一緒に高速を走っていると、当時のスペインを回想する事がある。

スペインで車を借りることを勧めてくれた内藤明先生には心から感謝である。

 

 

渡辺一城

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

内藤明写真展 rays

場所 JCII クラブ25
住所 〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII ビル(地下1階)
URL https://www.jcii-cameramuseum.jp/club25/2021/04/13/29248/
開催日 6月1日(火) ~6日(日)
時間 10:00~18:00
入場料 無料
TEL (03)3261-0300
内容紹介

眩い光の網そして影。

フィルムに記録された像は、被写体に直接触れた光。

プリント上の調べは、あの情景の記憶より心が騒ぐ。

内藤 明

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

小島三幸写真展「at home」

場所 RED Photo Gallery
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F
URL https://photogallery.red/
開催日 2021年5月10日(月)〜5月23日(日)
時間 12:00〜19:00
入場料 無料
TEL 03-5357-7407
内容紹介

写真学科卒業生(78期)小島三幸さんの写真展です。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

牧野智晃 個展『まちをたぐる』

場所 KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY
住所 〒106-0031 東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布 5F
URL https://www.kanakawanishi.com/exhibition-ph018-tomoaki-makino?fbclid=IwAR1twrwe54P0SESVuIoxWCLmKbX5cHjs4ApPTNH4e1cabiLrjFCzo_IPgfw
開催日 2021年4月24日(土)~ 2021年5月29日(土)
時間 水〜金 13:00〜20:00|土 12:00〜19:00 (日・月・火・祝休廊)
入場料 無料
TEL 03-5843-9128
内容紹介

35°42′,18.530″N、139°,49′,22.25″E

 

GPSのログを記録しながら電柱電線のある風景を東京都23区を中心に撮影した。

 

東京の街を歩き上を見上げれば丸いバケツのような変圧器を抱え

高圧線、低圧電灯線、通信線が無数に交錯する

奇妙な形の哀しげな怪物がいる。

人々の暮らしには欠かせない電気は彼らを経由し人々に届く。

 

以前から電柱と電線が作り出す景観に興味があった。

どんなに美しい建物を建てたとしてもそれをぶち壊すように視界に入る電柱。

日本では電柱と電線の呪縛からは逃れられない。

街が発展していく過程で極めて非効率的で

不条理な存在であると思う。

 

2021年現在東京都23区の無電柱化率は8%ほど。

欧米はもちろん香港、台北、シンガポールなどの都市は無電柱化90%以上完了しており

イギリスは最初から電線を地中下していた。

8%という数字は圧倒的に遅れていると言える。

戦争で焼け野原になった街を再興する際、資金の都合で安価な架空線を選択しそのまま75年。

地中化計画第5期の1年間440キロのペースで作業すると

日本全体の道路120万キロの電線を地中化するのに

単純計算で2700年掛かるとある資料に書いてあった。

 

電柱、電線の景観が無くなるのが先か

産業遺産として景観保護されるのが先か

どちらも私が生きているうちに見届どけることができるだろうか。

 

この写真たちが今の時点での都市の記憶として機能してくれることを願う。

牧野智晃

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

嶋田篤人写真展

場所 リコーイメージングスクエア東京 ギャラリーA
住所 〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)
URL http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squaretokyo/2021/03/20210318_2.html?_ga=2.205228691.2063985990.1615728575-1487032435.1615728575
開催日 2021年3月18日(木)~4月5日(月)
時間 10:30~18:30(最終日16:00終了)
休廊日:火曜日・水曜日
入場料 無料
TEL 0570‐006371
内容紹介

私は房総半島で写真を撮ることが好きだ。ここは私の生まれ故郷である。
海に囲まれた終わりある道、だだっ広い九十九里平野、低い山並みは雪化粧もしない。
風土を象徴するにはどこか足りない風景が、私にとって親しみ深い故郷の姿だ。

しかし、私がレンズを通して向き合う時、房総は何度訪れても新たな趣きを魅せる。この目の前の光景と、新しい認識や発見。一方、ファインダーを静視していると、それらは常に移ろい行き、何一つ留まっていないことに気がつく。房総でのそうした研ぎ澄まされた時間の中に身を置く時、私の内には色のないモノクロの世界が立ち現れ、そこがまるで辺境のように、まだ見知らぬ土地として広がり続ける。だからこそ、私の房総での撮影には終わりがない。

房総で道を尋ねて、「すぐそこ」と告げられ、歩くと実際は一里も遠く、なかなか辿り着けない様を、お国柄言葉で”上総のそこ一里”と言う。私はその言葉に自らの写真行為を重ね見る。「そこ一里」に騙されたように続く房総への道。そこは身近な土地であるのに、終わりなき路が続く。

さらに、私はそれをプリントとして留めたいと考える。
土地というモノに対して、質量のある黒白ゼラチンシルバープリントというモノを用いて対峙する。
直接的には関係の無いモノ同士が共鳴する張り詰めた緊張。
プリントによる光の緊張と趣きを、鑑賞者と共有したい。
嶋田篤人

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

森山大道写真展「衝撃的、たわむれ」写大ギャラリー森山大道アーカイヴより

場所 写大ギャラリー
住所 〒164-0011 東京都中野区本町2-4-7 東京工芸大学5号館(芸術情報館)2F
URL http://www.shadai.t-kougei.ac.jp/
開催日 2021年3月22日(月) 〜 2021年5月31日(月)
時間 10時~18時(土は17時まで)日曜日休館
入場料 入場無料
TEL 03-3372-1321
内容紹介
※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

写真学校10校合同選抜展

場所 キヤノンオープンギャラリー2
住所 東京都港区港南2-16-6 CANON S TOWER 2階
URL https://canon.jp/personal/experience/gallery/archive/photo-10school
開催日 2021年2月26日(金)〜3月18日(木)
時間 10:00-17:30(最終日は16:30まで)
日曜・祝日休館
入場料 入場無料
TEL 03-6719-9021
内容紹介

写真を学ぶ学生の合同写真展です。

東京工芸大学からは、写真学科の実行委員会で4年生の卒業制作を審査し、

2作品選抜されました。

蓮見航平さんと御手洗茉央さんの作品が展示されています。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

南條敏之作品集「shelterbelt」

著作者名 南條敏之
価格 2,500円(税込)限定100部
出版社 HRD FINE ART
URL http://hrdfineart.com/exb-nanjo20.html
内容紹介

69期同窓生 南條敏之さんの作品集が出版されました。

19x27cm、28ページ
カラー図版:21点
テキスト:南條敏之/原田明和

横山勇也写真展「GIFTギフト」

場所 NSGソシアルサポート
住所 〒951-8063
新潟県新潟市中央区古町通2番町542
URL
開催日 2021年3月20日(土) 〜 2021年3月21日(日)
時間 20日12:00~16:00/21日10:00〜15:00
入場料 入場無料
TEL 025-211-4271
内容紹介

81期同窓生 横山勇也さんの写真展です。

 

パーキンソン病を個性の一つとして、

日常にある光を写真で表現している。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。
ページトップへ