作品展など

作品展・刊行物・その他の活動のお知らせ

記録としての写真技法 実務で使えるテクニック

著作者名 小池 恒裕
価格 本体2000円+税
出版社 司法協会
URL
内容紹介

33期同窓生 小池恒裕さんの写真技術書が司法協会から2017年5月に発売されました。

ネイチャーガイド 日本のクモ 著:新海栄一 

著作者名 新海栄一
価格 本体5500円+税
出版社 文一総合出版
URL
内容紹介

写真技術科44期同窓生 新海 栄一 さんの8冊目となるクモの図鑑「日本のクモ」が刊行されました。掲載種類数では現在世界一の図鑑です。

日本真ん中 山車まつり デン真写真集

著作者名 デン真(都築真)
価格 1852円+税
出版社 中日新聞社
URL
内容紹介

61期同窓生 都築真さんの写真集が中日新聞社から2017年2月7日に販売されました。

写真史研究家の村田明さん(34期)が日本の写真術黎明期の写真家 下岡蓮杖の若い日の写真を発見しました。
これは共同通信により配信され5月3日には村田さんの地元岩手日報にも掲載されました。
(記事は共同通信社との二次使用契約期間が終了しましたので削除しています。)

内容紹介

Annual Report 2015 
東京工芸大学 写大ギャラリー年報

著作者名 編集 / 写大ギャラリー運営委員会
価格
出版社
URL
内容紹介

写大ギャラリー年報2015年版が発行されました

さあ、写真をはじめよう  写真の教科書

著作者名 大和田 良 (著), 勝倉 崚太 (著), 岸 剛史 (著), 木村 崇志 (著), 船生 望 (著), 圓井 義典 (著)
価格 2,052円
出版社 インプレス
URL http://www.amazon.co.jp/%E3%81%95%E3%81%81%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%88%E3%81%86-%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E5%92%8C%E7%94%B0-%E8%89%AF/dp/4844380222
内容紹介

写真制作Ⅰを担当している大和田先生、勝倉先生、川島先生、岸先生、船生先生、圓井先生が執筆、撮影をした本です。

全体を2部構成として、第1部で制作演習による課題が掲載され、実際に体験できます。そして第2部で撮影のためのさまざまな基礎知識を学べるようになっています!そして圓井先生によるコラムも必見です。

全体を通し、写真の基礎を学び、身につけるには最適な本となっております。!

工芸大写真学科の学生がモデルとしてたくさん出演しています!関係者にはそう言う点でも楽しめるかと、、、 発売日は3月24日です!

写真の基礎を身に付けたいと思っている方は是非!!!

詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/さぁ写真をはじめよう-写真の教科書-大和田-良/…/4844380222

写真学科ブログより転載

瞬間を閉じ込める詩人
フォトグラファー内山アキラの世界

著作者名 内山 晟 (43期)
価格 非売品
出版社 発行・企画 内山アキラアート企画
URL master@uchiyama-photo.com
内容紹介

写真は、すべてが予測しうる現象の中から、生まれるものだけが価値を有するものではない、心に響く一筋の光を見出したならば、こうでなければならないと云う既成概念と向き合い、冒険心を湧き立たせて。深く見入ることである。
(作者の言葉から抜粋)

土門拳展「祈りの風景~土門拳自選作品集より」~写大ギャラリー・コレクション~

場所 東京工芸大学 写大ギャラリー
住所 〒164-8678 中野区本町2‐4-7 5号館
      (芸術情報館)2F
URL https://www.shadai.t-kougei.ac.jp/
開催日 2024年4月15日(月)~2024年6月1日(土)
時間  時間:10:00~19:00
休館日:木曜日、日曜日、祝日
入場料 入場無料
TEL 03-5371-2694
内容紹介

土門拳(どもん けん,1909ー1990年)

1909年山形県酒田市生まれ。中学時代より画家を志すが、家の事情で断念。1933年に営業写真館である宮内幸太郎写真場の内弟子となるが、報道写真家を目指し、1935年、ドイツから帰国した名取洋之助が設立した日本工房に入社。戦後は絶対非演出「リアリズム写真」をカメラ雑誌などで提唱し、写真界に大きな影響を与えた。1958年に写真集『ヒロシマ』(研光社)を刊行、国内外で高い評価を得る。筑豊炭鉱地帯に窮地を取材した1960年刊行の写真集『筑豊のこどもたち』(パトリア書店)は10万部を超えるベストセラーとなる。ライフワークとなった『古寺巡礼』シリーズでは、仏像や寺院の撮影を約40年にわたって続けるなど、一貫して日本を撮り続けた。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

金森玲奈企画チャリティー写真展「イヌネコLovers vol.7」

場所 Gallery Paw Pad
住所 東京都世田谷区砧5-23-8 板倉ハイツ1F
URL https://soshigaya-minami.tokyo/shop/health_culture/gallery-pawpad/
開催日 2024年4月6日(土)~2024年4月14日(日)
時間  時間:12:00~18:00(最終日17:00まで)
休廊日:月曜休廊
入場料 入場無料
TEL
内容紹介

78期同窓生 金森玲奈さん企画のチャリティー写真展です。

 

【展示概要】

本展は世界的な新型コロナの流行が始まった2020年から、犬猫の保護活動団体応援を目的としてスタートした公募展です。家族として暮らす犬や猫、ご近所の顔なじみの子など、ご自身と縁のある犬や猫との思い出の一枚とその写真にまつわるエピソードを展示し、動物が私たち人間に与えてくれるしあわせな気持ちを共有しつつ、今もどこかで家族となる人たちとの出会いを待つ犬や猫たちの存在に思いを馳せてもらえたら幸いです。

また会場では犬猫をモチーフとした雑貨を販売し、写真展参加費と物販売り上げの一部を犬猫の保護活動団体に寄付します。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

記事募集中

内容紹介

作品展や出版以外の発表活動を掲載していきます

 

ページトップへ