作品展など

作品展・刊行物・その他の活動のお知らせ

写真への手紙

場所 AXIS GALLERY
住所 〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 4F
URL https://center.axisinc.co.jp/floorguide/axisgallery/
開催日 2023年3月3日(金)~2023年3月8日(水)
時間 11:00~20:00(最終日18:00まで)
入場料 入場無料
TEL
内容紹介

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

東京工芸大学芸術学部写真学科バライタファインプリントゼミ

場所 Alt_Medium
住所 〒161-0033 東京都新宿区下落合2-6-3
       堀内会館1F
URL
開催日 2023年2月3日(金)~2023年2月8日(水)
時間 12:00~19:00
※最終日17:00
入場料 入場無料
TEL
内容紹介

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

東京工芸大学芸術学部写真学科 肖像写真研究室作品展2023

場所 ポートレートギャラリー
住所 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-12
日本写真会館5階
URL http://www.sha-bunkyo.or.jp
開催日 2023年3月9日(木)~2023年3月15日(水)
時間 平日 10:00~18:00 
土・日・祝 11:00~18:00
(最終日は15:00まで)
入場料 入場無料
TEL 03-3351-3002
内容紹介
※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

原 枝美写真展「Draw Beauty」

場所 山崎文庫
住所 東京都港区赤坂6-13-6
赤坂キャステール 1F
URL
開催日 2022年12月26日〜1月21日(定休日 日曜日)
時間 月曜日〜金曜日 17時〜26時
土曜日祝日  17時〜24時
入場料 ワンオーダー制
TEL 03-5544-9727
内容紹介

今回の作品は、2002年頃に発表した私にとっての処女作で、今でも愛すべき写真です。

あれから、たくさんの経験や出逢いを越えた今だからこそ、もう一度発信したいと考え、今回セレクトしました。ヘアスタイルもメイクも衣装もスタイリングも撮影もすべて、私。今見るとちょっと不器用ですが真っすぐなアプローチで、今でもやはり大好きな作品なのです。

20年前の制作なので、フィルムからのカラープリントという暗室での工程を経たゼラチンシルバープリントになりますが、今回のために、新たに焼き直したプリントの何点かは販売も予定してます。

原 枝美

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

山口規子作品展

場所 ソニーイメージングギャラリー銀座
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階
URL https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/230106/
開催日 2024年1月6日㈮~19日㈭
時間 11:00~18:00(会期中無休)
入場料 無料
TEL 03-3571-7606
内容紹介

私は、「写真家は、常に写真を撮り続けること」と思っている。

だから、過去に発表し忘れた作品は私の暗部として、ネガケースの奥底に葬ってきた。

しかし、敢えてそこから掘り起こした作品を発表する。

 

2002年、仕事に忙殺されていた私は、約1ヶ月間、欧州へ1人、旅に出た。

私のことを誰でも知らない場所へ、身を投じてみたかったのだ。

出会った人に声をかけ、撮影させてもらい、

時に家に招かれて食事をご馳走になったり、時に家に泊まらせてもらったりした。

そして夜は街を徘徊し、人のいない場所を撮り歩いた。

今思えば、女1人、無謀なことをしてきたと思う。

まだ若く、悲しいほど自由だった。

 

これらの作品は、「I was there.」

「私がそこにいた」という事実。

ただそれだけである。

 

 山口規子

 

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

山下晃伸写真展「夜光性静物観察記」

場所 アートスペース銀座ワン
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル202
URL http://akya.jp/
開催日 2022年12月12日(月)~2022年12月17日(土)
時間 13時~19時(最終日17時)
入場料 入場無料
TEL 090-8492-0332
内容紹介

82期同窓生 山下晃伸さんの写真展です。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

田沼武能追悼写真展「日本の子ども 世界の子ども」

場所 東京工芸大学中野キャンパス6号館 ギャラリー6B01
住所 〒164-0013 東京都中野区弥生町1-10 B1F
URL https://www.t-kougei.ac.jp/
開催日 2022年11月4日(金)~2022年12月10日(土)
時間 10:00 ~19:00 日曜・祝日休館
入場料 入場無料
TEL 03-3372-1321(代)
内容紹介

東京工芸大学は、1923年に我が国初の写真専門の高等教育機関として創立しました。本年6月、本学出身(当時・東京写真工業専門学校)の写真家で、名誉教授でもあった田沼武能氏が逝去されました。生前の田沼氏は、長きにわたって写真家として第一線で活躍するだけでなく、写真界の要職を歴任し、その多大なる功績が認められ、2019年には写真家として初めてとなる文化勲章を受章するなど、まさに日本の写真界を代表する存在でした。本学では田沼氏を偲んで、ライフワークの一つであった子どもの写真展を開催いたします。終戦後の東京から始まり、1960年代より世界120カ国を超える国々で撮影された子どもたちの写真の中から、選りすぐりの代表作80点を展示し、田沼氏の70年を超える写真家としての軌跡をたどります。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

松尾忠男写真集「都市の貌・2021」

著作者名 松尾忠男
価格 本体5600円+税
出版社 リヒト舎
URL
内容紹介

51期同窓生 松尾忠男さんの写真集が出版されました。

暴く者暴かれるモノ

著作者名 𠮷田公一
価格 1760円(本体1600円+税10%)
出版社 主婦と生活社
URL
内容紹介

28期 𠮷田公一さんの出版物です。

𠮷田さんは警視庁で長年文書鑑定人をされていました。

本書は事件当時を知ることが出来る興味深い内容となっています。

ニセ札鑑定人の贋金事件ファイル

著作者名 𠮷田公一
価格 1760円(本体1600円+税10%)
出版社 主婦と生活社
URL
内容紹介

28期 𠮷田公一さんの出版物です。

𠮷田さんは警視庁で長年文書鑑定人をされていました。

本書は事件当時を知ることが出来る興味深い内容となっています。

 

ページトップへ