作品展など

作品展・刊行物・その他の活動のお知らせ

松尾忠男写真集 N次元との対話

N次元との対話.表紙.jpg松尾
著作者名 松尾忠男
価格 6400円(税別)
出版社 リヒト舎
URL https://licht-sha.com/
内容紹介

51期同窓生 松尾忠男さんの写真集がリヒト舎から2018年10月に発売されました。

松尾忠男写真集 NUDE IN THE PANDORA'S BOX

Cover−パンドラ1.jpg松尾
著作者名 松尾忠男
価格 4600円(税込)
出版社 リヒト舎
URL https://licht-sha.com/
内容紹介

51期同窓生 松尾忠男さんの写真集がリヒト舎から2018年5月に発売されました。

改訂版 ぶらり写真術入門  著:松尾忠男

‚`‚T³‹K¶’Ô‚¶•Ž†ƒJƒo[ƒAƒEƒgƒ‰ƒCƒ“
著作者名 松尾忠男
価格 3600円(税別)
出版社 リヒト舎
URL https://licht-sha.com/
内容紹介

51期同窓生 松尾忠男さんの写真技術書がリヒト舎から2018年2月に発売されました。

松尾忠男写真展「N次元との対話Part Ⅲ」【開催日:2019年1月9日(水)〜20日(日)】

ポストカード1
場所 72ギャラリー
住所 〒104-0031
東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F
URL http://tip.or.jp
開催日 2019年1月9日(水)〜20日(日)*休館日 月,火
時間 12:00~19:00(展覧会最終日は~17:00)
入場料 無料
TEL 03-5524-6994
内容紹介

51期同窓生 松尾忠男さんの写真展です。

N次元との対話PartⅢ

この「N次元との対話」は私の学生時代のビンテージプリントのアナログ(PartⅠ、PartⅡ)から今回の新作デジタル版(PartⅢ)までを展示します。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

刑務所の「いま」を知る写真展

学内展看板
場所 中野キャンパス1号館1〜4階廊下展示壁面・3〜4階コミュニケーションスペース
住所 東京都中野区本町2-9-5
東京工芸大学
URL
開催日 2018年11月26日(月)〜12月5日(水)※日曜日は休館
時間 10:00 〜 20:00(最終日は15:00まで)
入場料 入場無料
TEL
内容紹介

朝は6時45分に起床。点呼、朝食の後、朝8時から夕方4時40分までの刑務作業。途中に運動や昼食、休憩をはさみますが、刑務作業中は私語厳禁。よそ見厳禁。トイレに行くときは手を挙げて、刑務官から許可をもらいます。

 

厳しい規則、規律正しい生活、自分の意思で自由に行動することが許されない日々の中にあっても、夕食の後はクラブ活動や、読書、テレビ、家族や友達に手紙を書くなど、ひとときの休息があります。

 

受刑者の社会復帰、再犯の防止に注目が集まっています。市民にとっての安心・安全な社会をつくるために、罪を犯した人を社会としてどう受け入れるのかが課題となっていますが、彼らが刑務所でどのような日々を過ごしているのか、一般的にはあまり知られていません。

 

法務省矯正局、各刑事施設による全面協力のもと、東京工芸大学芸術学部写真学科で学ぶ6名の学生(うち1名は2018年3月に卒業)が2018年初春、刑務所・拘置所に入り、写真撮影を通して受刑者の日常に触れ、それぞれの感性で表現しました。日本の刑務所の「いま」を知ってください。

 

今回の展示は、2018年4月に千代田区立日比谷図書文化館1階 特別展示室で展示した作品を、大学公開企画として巡回展示するものです。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

嶋田篤人個展「待つ」

tumblr_inline_pfuvw8YKKK1tek6n9_540
場所 Alt_Medium
住所 〒161-0033
東京都新宿区下落合2-6-3 堀内会館102
URL http://altmedium.jp/
開催日 2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
時間 12:00~20:00(展覧会最終日は~17:00)
入場料 無料
TEL 03-5996-8350
内容紹介

その旅路、私は何かに出会うことを待っている。
房総半島で写真を撮る。
私はここで写真を撮ることが好きだ。
半島の終わりある道や、歩いては行けない海、佇むモノたちはまるで年輪を重ね待っているように見える。
私は立ち止まる。
私を立ち止まらせたものは何か。
絶対的な存在感でいて、しかし何者でもない何か。
ファインダーを覗き、それが再び現れるのを待つ。
「待つ」は「祀る」の由来という説がある。
シャッターの裏側、フィルムは露光を待ち、潜像が現像を待つ。
ファインダーで見えているモノの向こう側に何かが見えた時、私はシャッターをきる。
それは写らないものが写るという盲信ではない。
写るという事象そのものを体験し信じること。
繰り返し房総半島を廻る。
繰り返し暗室で写真のサークル( 露光、現像、定着) を廻る。
それは私にとって、祀るように儀式めいたサークルである。
その旅路、私が待っているものは何か。
或いは私を待っているものは何か。
例えば、小さな用水路からすくい上げた網に、思わぬ大物が入ってしまった時のバタバタとした魚の重さ。
初めて遠くまで自転車で来てしまった夕暮れに、私を引きつけてやまない戦慄。
無意識の深淵、遠い故郷のような場所と私を繋ぎとめてくれる何か。
そんなものを私は待ち、写真において自己を世界へ統合したい。

-嶋田篤人。

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

内藤明写真展 once

once_doso
場所 Alt_Medium
住所 〒161-0033
東京都新宿区下落合2-6-3 堀内会館102
URL http://altmedium.jp/
開催日 2018年12月5日(水)〜11日(火)
時間 12:00~20:00(展覧会最終日は~17:00)
入場料 無料
TEL 03-5996-8350
内容紹介
※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

細江英公「芸術家たちの肖像」展【開催日:2018年11月17日(土)~12月23日(日)】

EPSON MFP image
場所 Galerie LIBRAIRIE6
住所 東京都渋谷区恵比寿南1‐12‐2 南ビル3F
URL
開催日 2018年11月17日(土)~12月23日(日)
時間 open 12時~19時(日/祝18時)
closed 月曜日/火曜日(月・火が祝日に当たる場合も休廊)
入場料 無料
TEL 03-6452-3345
内容紹介

《トークイベント開催》

11月24日(土)15時30分~細江英公(写真家)+金子隆一(写真史家)

定員30名 料金1500円

*11月3日(土)12時より電話受付開始

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

Club 銀燕チャリティ鉄道写真展2018【開催日:2018年11月21日(水)~28日(水)】

EPSON MFP image
場所 セシオン杉並
住所 東京都杉並区梅里1-22-32
URL
開催日 2018年11月21日(水)~11月28日(水) *休館日22日(木)
時間 10時~19時まで(21日は14時から、28日は16時30分まで)
入場料 無料
TEL
内容紹介

42期同窓生 荒川好夫さん、64期同窓生 米屋こうじさん、88期同窓生 小林大樹さん、工学部同窓生 武俊典さんの写真展です。

イベント:トークショー

23日(金・祝)24日(土)15:00~

各日、別テーマで開催

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。

横谷民夫写真展「思い出の憧憬」誕生日記念

EPSON MFP image
場所 FMエキシビションサロン銀座
住所 東京都中央区銀座6-4-7 1F アンビション銀座
URL
開催日 2019年1月9日(水)~1月15日(火)
時間 午前10時~午後7時 最終日は午後3時まで
入場料 無料
TEL 03-3574-1036
内容紹介

北海道・長野県の自然に魅了され 長年通い続けて 自分なりのお気に入りの地で撮影しました。

思い出の被写体を展示させていただきます。高齢にもなり脚などにガタがまだこないうちに個展をと思いやることにいたしました。

作品の内容はともかく 大勢の方々に見に来て頂ければと思っております。

作品は全カラーで・・全紙・半切35点ほどです。 

43期 写真工業科卒業 横谷民夫

※開催日時等は変更になる事がございます。事前にご確認ください。
1 / 912345...最後 »
ページトップへ